虫歯治療

虫歯治療

川口市にある歯科医院「おおぬま歯科クリニック」の虫歯治療では、患者様が気にされる痛みに配慮をしています。治療時はもちろんのこと、特に配慮しているのは麻酔注射です。表面麻酔や電動麻酔器などを使用して、痛みが起きないよう様々な工夫をしています。こちらでは、川口市で虫歯治療をお探しの方へ向けて、痛みを軽減させるポイントについてご紹介しております。

できるだけ痛みを抑えた、歯を残す治療

できるだけ痛みを抑えた、歯を残す治療

虫歯治療は痛いから……と治療を先延ばしにしていませんか?歯のトラブルは自然治癒することはほとんどありません。治療が早ければ早いほど、痛みや治療時間、治療費などの負担が軽減されます。そこで当院では、患者様が感じる痛みに配慮をした治療をおこなっています。中でも、麻酔注射をするときに工夫をしています。これは、患者様から「麻酔注射をするときが痛い」という声をいただくからです。また、歯の削りすぎは痛みの原因となるため、できるだけ歯を残す治療を提供しています。

できるだけ痛みを軽減するために

麻酔注射をするときに患者様の負担を軽減させるためにおこなっている工夫には以下の2つがあります。

  • 表面麻酔

    表面麻酔

    表面麻酔とは、歯ぐきに塗る麻酔です。麻酔注射をする前に、歯ぐきに塗ることで麻酔針を刺したときの痛みを軽減してくれます。

  • 電動麻酔器

    電動麻酔器

    麻酔注射で麻酔液の注入スピードを一定にする機械です。麻酔液の注入スピードが早いと、痛みと感じることが多いです。痛みの少ない麻酔を実現するために、一定のスピードで注入できる電動麻酔器を導入しています。

できるだけ削らない・抜かない、歯を残すために

できるだけ削らない・抜かない、歯を残すために

人の歯は一度削ってしまうと、自然に元には戻りません。必ず詰め物や被せ物など人工物で補強しなければいけません。そこで、当院ではできるだけ歯を削らずに、患者様の歯を大切にした治療をおこなっています。

う蝕検知液で虫歯の範囲をしっかりと把握

う蝕検知液で虫歯の範囲をしっかりと把握

う蝕検知液とは、歯の中でも虫歯に感染しているところだけに色をつけることができる染色液です。一般的には虫歯に感染している歯は、健康な歯よりも柔らかいことが多いですが、手探りで治療を進めていると虫歯の取り残しや歯の削りすぎに繋がります。そこで、視覚的にもわかりやすく、虫歯の範囲だけを染め出すう蝕検知液を使用しているのです。

拡大鏡で虫歯部分を確実に除去

拡大鏡で虫歯部分を確実に除去

拡大鏡とは、ルーペのように拡大して見ることができるものです。歯の大きさは決して大きくないですが、虫歯を最低限削るときなどは細かな作業が求められます。そこで、手元を大きくする拡大鏡を使用して、肉眼でみるよりも治療の精度をあげているのです。
拡大鏡を使用することで、虫歯の取り残しや・歯の削りすぎを予防できます。また、歯の削る量を最低限にすれば、患者様の感じる痛みも少なくなります。

歯周病

歯周病

歯周病改善のカギはデンタルIQを高めることです

歯周病改善のカギはデンタルIQを高めることです

歯周病を改善するのに重要なのは、デンタルIQを高めることです。デンタルIQとは。歯に関する知識や教養のことをいいます。日本は諸外国と比べて、デンタルIQが低いため、歯が悪い人が多いです。

また、デンタルIQだけでなくお口のプラークコントロールも重要になります。歯周病の原因となるプラークを除去できるように、患者様に正しい歯磨きの方法を指導しております。プラークコントロールを継続すると、歯周病の根本的な改善に繋がります。

当院の歯周病治療について

当院の歯周病治療について

当院では、患者様一人ひとりに合わせたていねいな検査とカウンセリングをおこなっています。検査は歯と歯ぐきの間にある歯周ポケットという溝の深さを測定します。さらに、歯周病で歯を支える骨が溶けていないかレントゲン検査や動揺度検査も実施しています。

また、歯周病治療で外科処置が必要になった場合は、連携している大学病院に紹介状を書かせていただきます。大学病院とも連携しているのが特徴です。

検査メニュー 治療メニュー
  • 歯周ポケット検査
  • 動揺度検査
  • レントゲン検査
  • ブラッシング指導
  • スケーリング
  • ルートプレーニング
  • 歯周ポケットそうは術

治療後のメインテナンスがお口の健康を守る始まりです

治療後のメインテナンスがお口の健康を守る始まりです

歯周病治療は治療が終わったらそれで終了ではありません。歯周病治療の後に始まるメインテナンスに定期的に通うことで、歯周病にならないようなケアにつながっています。歯周病は再発しやすい病気のため、油断せずにお口の健康を守る必要があります。

  • 治療メニュー
  • 治療メニュー
  • 治療メニュー
  • 治療メニュー
  • 治療メニュー
  • 治療メニュー
  • 治療メニュー
  • 治療メニュー
  • 治療メニュー
  • 治療メニュー
  • 治療メニュー
  • 治療メニュー
  • 治療メニュー
  • 治療メニュー
  • 治療メニュー
  • 治療メニュー
  • 治療メニュー
  • 治療メニュー
  • 治療メニュー
  • 治療メニュー